ギャンブルを止めたきっかけ

ギャンブルを止めたきっかけ

ご多分に漏れず

58歳 男性
ご多分に漏れず、パチンコや競馬などにハマったことがありますが、ある時ふと自分は何をやっているのだろうと思ってから、自然とギャンブルから足が遠のきました。

それまで、負けたら倍返しだ的に、どうやってでも取り戻すと息巻きギャンブルをやっていました。
それが、貯金も底をついた頃、自分は何をやっているのだろうと、ふと我に返ったのです。
ギャンブルにいくら注ぎ込んだのか、そのお金を稼ぐのにどれほど苦労をしたのか、それだけのお金を稼ぐにはどれくらいの時間が必要か、と考えました。
もし、ギャンブルをやっていた時間に仕事をしていれば、いったいどれだけの仕事ができたか分かりません。もし、それを全部貯金していれば、今頃かなりの貯金ができていたでしょう。
そう考え始めると、何だかバカらしくなり、ギャンブルを止めてしまいました。
そう気がつくまで、随分お金を使ったものです。
飽きたのだろうと言われれば飽きたのでしょうが、自分自身バカらしくなってしまい止めたのです。

Copyright (C)2017ギャンブルを止めたきっかけ.All rights reserved.